> マルナゲとは?

2017/05/19 up

ユーチューバーの活動に専念して収入が激増! サイヤマングレートさんが明かす戦略

text by 寺西ジャジューカ

サイヤマングレートさん

撮影=林和也

現在、ユーチューバーとして活動中のサイヤマングレートさん。筋肉で日本を笑顔にするアイドルグループ「マッチョ29」にも在籍している彼が配信する動画は、言うまでもなく“マッチョ系”です。腹筋ローラーを頼りに下り坂を駆け抜けたり、鍛え上げた腹筋でムエタイ戦士のパンチを受け止めてみたり……。

しかし、ただ遊んでるだけじゃありません。ユーチューバーとしての活動の裏には、どうやら緻密な計算があるようです。そして、それに見合う収入を彼はゲットしていました。

「これでダメだったらしょうがない」という覚悟でユーチューバーに専念

――ユーチューバーになる前は、どのような仕事をしていらっしゃいましたか?

ホストもやりましたし、解体や鳶(とび)などの現場仕事、あとはスポーツクラブでアルバイトをしていました。

――そんななか、なぜユーチューバーになったのでしょう?

たぶん、満員電車がイヤだったんですね。あと、単純に「自分を発信したい」という欲求があったから。といっても、その前に何か表現活動をしていたわけではなくて。自分は“目立ちたがり屋のシャイ”なんです。(自身の格好を指差し)目立ちたがり屋のシャイっぽいじゃないですか(笑)?

実は、もともと、Facebookとかmixiに自分のトレーニング動画を投稿したりはしていたんです。でも4年前の4月に初めてYouTubeに動画をアップしたときは、これで食べていけるなんて夢にも思っていませんでした。ユーチューバーになるには広告収益を受け取る「収益化」の手続きが必要ですが、あの頃はそれも知らなくて。その後、初めて収益化したら一回でいきなり“ボンッ!”って3万円くらいが入ってきたから「YouTubeってすごいな!」と。

サイヤマングレートさん

――ユーチューバーになるシステムとして、まずは申請するんですね。

そうです。そうすると、グーグルから広告収益が入ります。

――サイヤマンさんは当初、アルバイトをしながらユーチューバーとして活動していたのですか?

はい。僕は最初からユーチューバーとして「筋肉」を売りにしていましたが、アルバイトを辞めてユーチューバーに専念したのは2015年11月くらいからです。あのときは、環境を変たかったんです。当時はアルバイトで現場仕事に出てたんですけど、朝の5時に起きて始発で出発……。もう、それがすごいイヤで!

あと、現場でおじさんたちの武勇伝を聞かされたりするんです。「俺は昔よぉ~」みたいな。それが、僕の理想とする大人じゃなかった。現場で下っ端捕まえて語ってる人になるより、自分は自由にやっていったほうがいいと思ったんです。それで、「これでダメだったらしょうがない」という覚悟でYouTube一本に絞りました。

ユーチューバーの活動を話すサイヤマングレートさん

ユーチューバーの活動に専念することで、動画再生数と収入がアップ!

――ちなみに動画は毎日配信しているんですか?

基本は毎日です。もちろん出せないときもあって、そうなると収益が“ドン!”と落ちます。あと、配信を止めちゃうと失速してしまいます。継続的に一日一本ペースで続けていくと伸びがいいんです。「ユーチューバーになりたい」という人は結構いるんですが、まずはそこをクリアしないとダメです。最低、週5じゃないですかね。

――ちなみに、サイヤマンさんはYouTubeにどういう動画を配信しているのですか?

筋肉を使ったネタ動画もやりますし、体に良さそうなものと悪そうなものの商品レビューもやります。体を増量するための食事とか、逆に減量食の紹介とか。

あと、ネタに困ったら筋トレの動画を出します。何かしらマッチョに絡めますね。「いつか、筋肉で有名になって飯が食えるようになればいいな」とは思ってたんですが、こういう感じで食えるようになるとは全く思ってなかったです。

――あの~、ぶっちゃけユーチューバーとしてどのくらい稼いでいらっしゃいますか?

ユーチューバーとしてだけでなく、マッチョ29の活動も含めてならお答えできるのですが……。1万円を基準として考えると、月に2桁後半、もしかしたら今月(2017年3月)は3桁に届くかもしれないです。

――えーっ、すごい! 今月は、そういうヒット動画があったんですか?

いえ、YouTubeの動画って10分以上あるとCMが2~3本挟めて、1再生あたりの単価が高くなるんです。だから僕は、一週間のうちに3~4本は10分動画を上げます。

いま編集し終えた動画が1本あるんですが、長さが8分50秒なんです。あと1分10秒あったら10分動画になるので、出し悩んでます(笑)。10分になるかならないかの違いは、めちゃくちゃ大きいです!

サイヤマングレートさん

――ユーチューバーに専念するようになってから、収入は上がりましたか?

はい、上がりました。最初、YouTubeからの収入は20~25万円くらい、30万円を超えたら「よしっ!」って感じだったので。

――それが、今は月収100万円超えを果たそうとしています。その理由は何なのでしょう?

まず、動画の質を上げていきました。もともと、僕はiPhoneで撮ってiPhoneで編集してたんですけど、それだと毎日出すのが難しくて。パソコンを買っていいカメラを買って、少しずつ動画のクオリティを上げて……というのを意識したら次第に再生数が伸びていきました。

意外な点で、ユーチューバーの収入って為替にも左右されるんです。僕らはグーグル社からお金をドルで受け取るんですが、もしも1ドルが70円くらいになったら収入は激減します。たとえば月の収益が6,000ドルあったとして、1ドルが100円だったら60万円ですが、これが1ドル70円になっちゃったら42万円になってしまう。18万円も下がってしまい、つらいです。

――それは盲点でした! ちなみに今まで「これはお金にならなかったな」という動画もあったと思うんですが、それはどういう内容でしたか?

実はYouTubeって自分の好きな曲を動画に使うと、再生数が何十万回行ったとしても曲の権利を持ってる人の方へ収益が自動的に行っちゃうんです。何度かの失敗でそれを知ってからは、気を付けるようになりましたね。

サイヤマングレートさん

初めての確定申告は、会場のスタッフに源泉徴収票を渡して終了

――サイヤマンさんは2016年度分の確定申告を3月15日に行われたとのことですが、確定申告は毎回行っていらっしゃいますか?

いえ、今回が初めてです。2015年度分までは、やるほどの収入がなかったんです。

――ということは2016年度分が初めての確定申告となりますが、大変じゃなかったですか?

大変でした。なので、そのまま行って確定申告会場のスタッフさんに身を任せました。源泉徴収票を持っていっただけです。収入から税金が多めに引かれてたんで、還付金は結構戻ってきそうです。

――たぶん領収書とかを細かく溜めていたら、もっとお得になりますよ。今からでも全然遅くないので、今年度分からはぜひ!

そうですよね。なので、僕の財布の中は領収書だらけです。筋トレは毎日できるんですけど、領収書を毎日貼っていく作業ができなくて(苦笑)。

――ところで、YouTube動画制作のために購入したものって今までに何がありますか?

5,000円くらいするダチョウの卵ですかね。茹でて食べたんです。鶏とうずらと比較して「おでこで割れるのか?」「めっちゃ固い!」っていう動画でした。タンパク質なので、筋肉にいいですし。レビュー動画のために“世界でいちばんまずいプロテイン”を購入したこともあります。ほかには、エナジー系ドリンクを大量に買って混ぜてみたり、コンビニにあるカップラーメン全種類買ってでっかい樽に全部入れて一気に食べたり……。

――それら全部、もしかしたら経費に計上できそうですよね。ところで確定申告では、職業欄に何と書いたんでしょうか。「ユーチューバー」ですか?

いえ、「クリエイター」と書きました。ユーチューバーって「YouTubeクリエイター」ということなんで。

以前、「ユーチューバーとして活動を始めた」と言ったら、すごいバカにされてた時期があったんですよ。「なんで、そんなことを職にしてるんだ」と言ってくる人がいて。でも、バカにされたから続けてきたというのもありますし。だからもうちょっと売れたら、今度は「おごってやるよ」って言ってやろうかなと思ってて。高い店に連れてって「お前がバカにしたYouTubeで食えるようになったよ」って。

抱負を語るサイヤマングレートさん

ユーチューバーはイメージされるほど楽じゃない

――ユーチューバーをやっていて良かったと思うことはありましたか?

先日、動画で「参加者を募集します。一緒に筋トレしようぜ!」って告知したら、15~16人来てくれたんです。北海道とか沖縄とか広島とか青森とかすごい遠方からわざわざ来てくれる人もいて。動画でしか告知していないので、本当に観てくれる人しか知らなかったはずなのに。YouTubeを通じていろんな人とつながれて、それは本当にうれしいですね。「もっと頑張らなきゃいけないな」という気持ちにもなりました。

――いま、ユーチューバーになりたい人は多いと思います。もし、サイヤマンさんがそういう人たちに相談されたとしたら、なんてアドバイスしますか?

まず、「楽ではないよ」とは伝えます。たぶん、「楽して金儲けしたい」という若い人って多い気がするんです。ユーチューバーを観て「働いてないじゃん」って思われることもあります。

でも、僕は仕事として動画を上げていて、企業案件が来たら「いつまでに撮って、いつまでに出して」というスケジュールもあります。時間に追われるときは、ムチャクチャ追われます。なので、「そんな甘くないよ」とは言いたいですね。ただ、「好きなことをやれる」っていうのはデカいです。やりたいと思うことを止めるようなことはしないですよ。

――年齢とともに体が思い通りにいかなくなることもあると思います。そうなってもマッチョの動画を配信し続けようと考えていらっしゃいますか?

できるものならずっとユーチューバーとして続けていきたいですが、どこかで引き際もあるんじゃないかと思っています。だからいつかジムを出して、その中で撮影可能なスペースを設けてみたいですね。

――最後に、ユーチューバーとして目指していることを教えてください。

年内で、月間1,000万~2,000万再生に届かせたいですね。あと、最も意識しているのはチャンネル登録者数です。30~40万人くらいいれば格好はつくんですが、今は16万人(2017年5月時点)くらいなのでまだまだ全然。100万人に到達するとグーグルから金の再生ボタンが贈られてくるので、それは欲しいです。もしも自分がジムをオープンしたら、そこに金の再生ボタンを飾るとカッコいいなって!

(寺西ジャジューカ+ノオト)

取材協力

サイヤマングレートさん

サイヤマングレートさん

アブローラー全日本大会優勝の筋肉YouTuber。マッチョだけで構成されるマッチョ29の一員として活動中。超人的な筋肉技を武器に、イベントやTVなどの出演や、劇団で活躍中。Twitter ID:@greatsaiyaman02
▼YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCCJel9mmTsxDU9RiCwdiLiA

この記事の筆者

寺西ジャジューカ プロフィール画像

寺西ジャジューカ

1978年、東京都生まれ。2008年よりフリーライターとして活動中。得意分野は、芸能、音楽、格闘技、イベント系。ブライアン・ジョーンズとビートたけしと前田日明と大江慎也が好き。
▼Facebook
https://www.facebook.com/307864939284137/

ほかの記事を検索する

関連ワード